スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーにテニミュへ

キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*

旧JCBホール、現TOKYO DOME CITY HALLにて現在開演している
ミュージカル『テニスの王子様』青学vs比嘉 【東京凱旋公演】へ行ってきましたパンダ

今回の出演キャスト

越前リョーマ役/小越勇輝  手塚国光役/多和田秀弥
大石秀一郎役/山本一慶  不二周助役/矢田悠祐
菊丸英二役/黒羽麻璃央  乾 貞治役/稲垣成弥
河村 隆役/章平    桃城 武役/石渡真修
海堂 薫役/木村達成  堀尾聡史役/岩 義人
加藤勝郎役/三井理陽  水野カツオ役/小林瑞紀

<比嘉>
木手永四郎役/土井一海  甲斐裕次郎役/荒牧慶彦
平古場 凛役/染谷俊之  知念 寛役/吉岡 佑
田仁志 慧役/友常勇気
※田仁志の「慧」は、旧字体

<立海>
真田弦一郎役/小笠原 健  幸村精市役/神永圭佑
柳 蓮二役/水石亜飛夢  柳生比呂士役/味方良介
仁王雅治役/久保田秀敏  丸井ブン太役/安川純平
ジャッカル桑原役/塩田康平  切原赤也役/原嶋元久

<六角>
佐伯虎次郎役/内海大輔


何年ぶりかのテニミュです。
19時からの開演ということもあり大体17:30頃に東京ドームへ到着した際には
もうひとがまばらというか全然いませんでした。

さすがにTOKYO DOME CITY HALLの周囲にはテニミュ観劇目的の方が
たくさんいましたが。

フードコートでカレー食べてしばらくぶらぶらと散策をしてから入場しました。
入場は結構早めにできました。

そしてそして会場に入場してすぐに場内アナウンスが。
......残念ながら、周りの黄色い声援にかき消され
誰が話したのかいまだにわからずですomg

ちなみに以下からはネタバレ多めなはずです。




今回はvs比嘉中ですね。
沖縄出身の今大会ではダークホースらしいです。
はてなキーワードより
1.競馬用語。能力が未知数の競争馬、伏兵、穴馬を指す。
2.1が転じて、競争において、番狂わせを起こしそうな存在を指す。



一番初めに出てきたのは....氷帝の部長、跡部さん。
だがしかし、スクリーンです。

どうやらこの映像を見ているのはむりがおかの方?
学校名が反響であまり聞こえなかった...です。

「跡部の弱点はこれか」

少し馬鹿にした調子でスイングを真似っこ。

そして六里ヶ丘中の二人の会話は変わり、
立海の部長さんについて色々と言ってます。

その話をしている最中に出てきたのは『青学の海堂』。
次に『立海の柳生』。

六里ヶ丘中vs海堂&柳生にてダブルス。
勝者は決着は早めにつきました。(もしかしたら時間省いてるのかもしれませんが)

六里ヶ丘中さん方が帰ってから二人がしたことは







なんと衣装替えでしたえ゛!

どうやら『柳生が海堂』で、『海堂が柳生』だったらしいです。
意味がわからないですね、すみません。

「レンズを触らない」
「すんません」

「この服、汗で「大丈夫っす」
「いやでも「大丈夫っす」

交換中にこんな掛け合いがありました。
こういうとこって日替わりだったりしないんですかね?
ちなみに服を交換し始めた時、柳生じゃなくて仁王だった?とか思ってしまいました。

この後ですが私の記憶では3人トリオが出てきて、
「大石先輩、あーいうところ大丈夫かな?」と心配そうにしていたハズ。

場面が変わって大石が対戦の抽選会にいるシーン。
あーいうところとは抽選会場だったらしいです。

何度もアナウンスで呼ばれているのに緊張のし過ぎで気が付かない副部長。
3、4回目にようやく気付き紙を引こうとしたところに

「大石、俺に引かせてくれないか」

言いつつの手塚部長が登場です。
歌いながらクジを引くんですが当たり前に対戦校は比嘉中です。

映像や光を使っての演出の後、
部長が帰ってきた!!の騒ぎになります。

そこから副部長VS部長になるんですが、
この試合中に色んなことがあります。

どうなるゴールデンペア!的な流ですね。



ええと、きっとここからを盛り上げ場なんですが、
このブログを書きつつレビューで文を確認してるんです。
確認した結果。

ここで切りたいと思います。

色々と記憶の片隅へと消えていっているので。

でもサエさんが無駄に恰好よく「ひとつやり残したことがあってね」って歌ってたのと
甲斐くんのトコでバイキングが出てきたのは覚えてるんです。
比嘉中5人で海賊やってました。船長は部長の木手だったはずです。

観劇中や観劇後は結構覚えてるんですが
少し時間がたち過ぎて忘れましたorz

以上、テニミュ微妙なレポでした。


キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*


ちなみに座席に関してです。

サイドシートアリーナの2列目にいたんですが
1~10番目くらいは少しスクリーン等が見ずらいですね。
でも2列段差になっているので8・9あたりからはステージは見やすかったかも。
(それでもステージの奥の方は見難いかと ※菊丸が2人に見える時など)

あと、ステージから近いですが音響とかも大体座席番号だと10・11あたりに近いので
音が響いていろんな意味で凄いです。

でもやっぱりステージに近いとキャストも近くなるわけで。
客席に降りてきたときは『ウワー!+』『キャーきゃー』って凄かったです。


それでは閲覧ありがとうございましたペコリ

entry スタッフ めぐみ女の子4
0120-106-489

キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*キラキラキラキラ2キラキラ3kirakira*
スポンサーサイト
プロフィール

日本エントリー

Author:日本エントリー
株式会社 日本エントリーの社員ブログです。
毎週『金曜日』に更新予定です。

チケット(コンサート、宝塚、野球、演劇、大相撲・・・)やゴルフ、宿泊等の電話予約はなかなか確保しにくいものです。

まして人気のイベント、コースともなると、電話がつながらない、かからないのはいつものこと・・・

そこでお役に立つのが電話予約代行のパイオニア
(株)日本エントリーです。

独自開発の、改善に改善を重ねた”コンピュータ予約システム”は業界NO.1。
事前に申し込めば、あとは予約成功の連絡を待つだけです。


神奈川県公安委員会認定古物商許可-第451380000982号-

最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。